SE(システムエンジニア)は手に職があるので、転職しやすい業界の一つだろう。
転職の理由は、職場環境に疲れたから・・・、より良い条件を求めて・・・、自分がしたいこができた・・・、キャリアアップのため・・・などと様々かな。
でも、次の仕事もSE(システムエンジニア)であることが多い。ライバル企業に転職なんてもともザラだ。
イラスト:ライバル会社に転職した人と名刺交換をするSE(システムエンジニア)- Copyright (C) viva-se.net システムエンジニアの仕事
画像: ライバル会社に転職したSE(システムエンジニア)

でも、注意する必要があるのは、転職して、いきなり自分のやりたいことができる可能性は低いということだ。いくら経験があっても、最初は雑務をしたり、組織の方針に従って仕事をする。2,3年経って、周りからの信頼を得てから、自分のやりたいようにできることになるだろう。

参考であるが、マックからマックへの転職で有名なマクドナルド社長の原田泳幸さんの著書「とことんやれば必ずできる」にて次の記述があった。
とことんやれば必ずできる
原田 永幸 かんき出版(2005-04-23)

「プラス要素を5つ数えてから転職する」というタイトルで、
「転職するときの最低条件は、プラスに転じる要素が5つあるかどうかです。『給料が上がる』『通勤が楽になる』『いい仕事ができる』『休みが多い』『福利厚生が行き届いている』・・」
なるほどと思う。