携帯電話のシェア世界1の企業。もともとは色々な事業をしていたが、経営危機に陥ってから、パソコンなどから撤退。
「社長 島耕作10(講談社)」には、「あの複合企業ノキアはデバイス、家電、重電まで手掛けていましたが’90年代に通信に絞って専業メーカーとなり世界のトップに立ちました」と述べられています。
今後は、このように、なんでも売るのではなく、特化していくしかないきがする。