(1)会社情報
元楽天社員の田中良和さんが創ったSNSサービス
「Six Degrees of Separations(6次の隔たり)」という言葉からGREEと名付けたらしい。世界の人々は6人の知人でつながっているという言葉のようだが、SNSの語源としてふさわしいと思う。実際の由来は違うとの説もあるようだ。
たしか、同じようなサービスを展開するDeNAに比べ、利益率が抜群に良かったと思う。なぜか興味があるところだ。

(2)田中さん
1977年生まれ、日大卒、楽天に勤めながら一人でGREEをつくる。
「僕が六本木に会社をつくるまで」(KKベストセラーズ)に田中氏の創業エピソードが書かれてあり、とても面白かった。
僕が六本木に会社をつくるまで僕が六本木に会社をつくるまで [単行本]
著者:田中 良和
出版:KKベストセラーズ
(2005-10-22)

かなり面白かった。
時給850円の仕事に「僕の貴重な人生の1時間の価値は850円ぐらいの値段なんだろうか」というのは確かにそう思う。
大学生のときにHPを手探りで作り、初めて作ったサイトがバナー広告などで毎月10万円稼いだというのだから、センスがよかったんだと思う。
楽天の三木谷さんからは、「田中くん、もっとシンプルにしなきゃだめだよ。一橋、興銀、ハーバード、震災」これは、三木谷さんが起業に到ったエピソードの話。
サービスを作った時は楽天社員だったので、平日の夜か休日のみで作りあげたとのこと。「見返りもない、実際問題、誰が使うかも分からないサービスをこれだけ寝ないで作るのは、常に自分との戦いだった」と述べられている。
成功した人は常識では考えられないくらいの努力をしていると感じた。

田中さんの総資産は日本で13位くらいだとか。(wikipedhiaより)