会社の評価は悪いよりいい方がいい。
出世もしないよりはした方がよい。

そんな単純な理屈ではなく、日本をしょってたつ、会社をしょってたつことを考えて出世をしたい人もたくさんいるだろう。社長島耕作のイントロに、社長の考えとして確か「社会貢献」のためのようなことが書いてあった。

また、「渡邉恒雄メディアと権力」(講談社)には、「渡邉さんは中曽根さんにいつもぴったり寄り添っていた。二人の共通点は一種の理想主義者だということです。二人の理想は権力がなければ得られない。だから必然的に権力志向になる。生き方が同じなんですね」と述べられている。
つまり、世の中をかえるようなことをするには権力(=出世)が必要ということだろう。
そのような強い気持ちで仕事をする人が、日本を支えていると思う。