プロ野球選手の引退セレモニーを見て、終わり方は大事だなと感じた。「終わりよければすべてよし」という言葉があるが、きっちり終わってさえいれば、それまでの苦労も全て笑って流せてしまうものだ。
我々も引退を考えて仕事をするべきか。以前に野村監督も話されていた。
プロ野球選手の一部は素敵な引退試合をしている。しかし、人知れずに去っていく選手がほとんどであろう。
我々は、どのような最後を締めくくらせてもらえるのだろうか。
すべては、日頃の仕事ぶりであるのかもしれない。