あたりまえのことですが、たなぼたの大型受注もあるだろう。しかし、、たなぼたを経験してしまうと、まじめにこつこつやることがばからしくなってしまうかと思う。株で大儲けした人は、時給数百円でコツコツ働くことに抵抗を感じるだろう。
元中日監督である落合博満氏の著書「采配」(ダイヤモンド社)には、「実力第一、成果主義、好き嫌いで人は使わないとはいえ、チャンスをつかめるかどうかには運やタイミングもある。」と述べられている。これは上司からみた冷静な評価だと思う。
采配
落合博満
ダイヤモンド社
2011-11-17