仕事は楽ではありません。机ののものをすべてひっくり返したくなるようなこともあります。かといって、嫌なことばかりかというとそうでもないのです。
ワタミの社長の渡邊さんの本にも、わざわざ自分の店を選んで来てくれるから、感謝の気持ちが大事だみたいなことが書かれてありました。
マギー司郎さんの著書「生きてるだけでだいたいOK “落ちこぼれ”マジシャンが見つけた『幸せのヒント』(講談社)」には、「たとえば単にマジシャンが必要な仕事なら、別に僕でなくても他の手品師でもいいんですよ。でも僕に声をかけてくれるということは…、その人への感謝の気持ちを忘れちゃいけないと思ってるの」と述べられています。