献血が得意なSEは少ないだろう。
本来は社会貢献のために、やらなくてはいけないと思う。
しかし、「私のような不健康な血を差し上げるのは逆に迷惑だ」という勝手な理屈で、逃げている。

単純に怖いのだ。
学生時代に、私の横で献血をしていた人が、ぱたりと倒れ、心臓マッサージを受けていた。あれ以来、献血が怖い。400ccなんてありえない。
 
それでも、街を歩いていたら強引な勧誘に遭い、献血をした。
かなり緊張した。
しかし、日頃、人の役に立つことが全くない私であるから、妙にいいことをしたような気分になった。無事に終わってほっとしたからでもあろう。

そんな献血に対し疑問がある。
/佑砲茲辰瞳譴領匹薫し(「あるある大辞典」でいうドロドロ血など)があると思うがそれはいいのか。
◆屮┘ぅ困硫椎柔がある人は早急に連絡ください」という紙をもらう。ということはエイズ検査の結果が出る前に他人に輸血するのではないのか。これは危険ではなかろうか


スポンサードリンク