SE(システムエンジニア)の職業病の4つめは、コミュニケーション編である。

例え相手が子供でも、論破しそうになる
 →論理的じゃないと、イライラしてしまうからだろう

略語(特にアルファベット3文字)を多用する
 →ベンダさんやメーカさんが、自分達の製品の独自の略語を言われると、さっぱりわからない

会話が面倒くさくなると途中で会話を打ち切り、「あとでメールします」という
 →コミュニケーションがとにかく下手

挨拶が苦手
 →苦手というか、挨拶の仕方をよくしらない。型にはまったあいさつができない。
よって、挨拶を拒否するために、音楽を聴きながら部屋に入ることもある。

挨拶が苦手で、音楽を聴きながら部屋に入るSE(システムエンジニア)- Copyright (C) viva-se.net システムエンジニアの仕事
画像: 挨拶が苦手で、音楽を聴きながら部屋に入るSE(システムエンジニア)