「SEあるある」(技術評論社)の巻末アンケートにもあったが、トラブル続きや、終わらない仕事をしていて、夜明けというのはなにか悲しい。いろいろな意味がある。
世間は眠っているのに、自分は夜通し仕事をしているのであったり、時間ばかりが経過して仕事が進んでいないことであったりである。また、切りのいいところで仕事を終えて眠ろうと思っていたら、もうすぐ朝ということでまた仕事をしなければいけないというしんどさもある。
イラスト:徹夜しても終わらず、夜明けに悲しさを感じるSE(システムエンジニア)- Copyright (C) viva-se.net システムエンジニアの仕事
画像: 徹夜しても終わらず、夜明けに悲しさを感じるSE(システムエンジニア)