システム構築にしてもシステム開発にしても、物品販売やノンカスタマイズのパッケージ製品以外の場合は、仕様変更というリスクが存在する。 SE(システムエンジニア)の仕事をしていて、この仕様変更というのはもっとも困る。
6d1e1c71.jpg 

でも、お客様とは仕様書を合意しているわけだから、仕様を変更する場合はお金をもらえばいいのでは?
そう簡単にいけば、誰も苦労しない。現実的には、かなり泣かされる。それが、納期遅れや品質悪化につながり、SE(システムエンジニア)を徹夜へと追い込むのである。
f85f0c97.jpg 

え?堂々と仕様変更はお金が発生するとは言えないの?
難しいだろう。たとえば、仕様というのは文章で書いているのであるが、解釈は人によって分かれる。お客様は当然、自分の都合のいいよう解釈される。また、想定していない事象が発生した場合には、「事前説明がなかったから業者が責任を持ってやるべき」といわれる。
64449fb0.jpg 

なるほど。困りましたね。
では、大変だけど、事前に仕様書できちんと書いておくのですね……
「これは含みません」とか。
それがそう単純でもない。「前の担当者は書いてないこともやってくれた」とか、我々は客なんだぞ!という態度で、「上司を連れて謝りに来い」などと言ったりする。もう、めちゃくちゃである。

誤解の無いようにいうと、お客様がみなそうではない。とても良心的なお客様がとても多く、ほとんどがいいお客様だ。たまに、こういうお客様がいるというだけである。

ただ、そういうお客様にはコテンパンにやられるため、深層心理に深く刻まれる。だから、この問題を回避する術を知っておく必要がある。

今回はSE(システムエンジニア)の皆様にアンケートを採って回答してもらったのであるが、とても貴重な意見をもらえた。とても参考になった。皆様のお仕事のお役に立てば幸いである。