SE(システムエンジニア)の仕事において、仕様変更は最大の悩みである。そのときのトラブルの回避方法の2つ目である。

まず、お客様に、仕様変更を簡単にできると思わせてはいけない。仕様書および契約に基づいて仕事をしているので、仕様変更となる場合は契約変更も必要という認識を持ってもらう。
そのための一つの方法が、仕様変更のルール化であり、責任者によるしかるべき手続きを文書で行ってもらうことだ。皆さんのご意見は以下。

「口頭仕様変更は不可とし、書面でもらう(49歳男性)」
「変更仕様書の作成(57歳男性)」
「仕様変更は、プロジェクトの責任者と顧客の責任者間で合意した場合のみ実施する(41歳男性)」
「その都度、確認書を受領している(55歳男性)」
df9dc207.jpg

でも、「LANケーブル1本追加してほしい」という簡単な要求の場合、受けた方がいいのでは?
お客様との良好なコミュニケーションを考えると、そういう考えもある。現に、親切心から口頭で対応してしまうSE(システムエンジニア)もいるだろう。
でも、それであっても面倒な手続きを踏んでもらうほうがいい。または、全てをその手続きを踏まなくても、少なくとも1回は手続きを踏んでもらうことが大事だ。そうすることで、お客様に、「仕様変更は簡単にはできない」ということを伝えることができる。