異動などにより、仕事を引き継ぐというのは、SE(システムエンジニア)に限らずどの仕事でもあることだろう。
スムーズな引継ぎが理想であるが、そうでないことも多い。
ときに、無責任な前任SE(システムエンジニア)が適当なシステムをつくり、後任の自分が、責任を含めて引き受ける場合がある。
単なる技術的な内容であればまだしも、ドキュメントがそろっていないと、何がなんだか全く分からない。
むちゃくちゃなシステムほど、ドキュメントがほとんど無い傾向が強い。

異動先に連絡して、前任SEに教えを乞うても、忙しいなどを理由にしたり、当時の不満をぶつけられたりして、良い情報が得られないことが多い。

または、無理な納期や低予算で無理やり作らされたシステムがあり、激務で前のSEが、ダウンしてしまった場合は大変である。
大混乱の中でバトンを渡されるのである。逆に開き直ってできる面もあるのだが、SEは責任感が強いので、やりあげなくてはいけない。
こんな仕事は本当にきつい。

ただ、こういうのはいつもなわけでもない。
乗り切った満足感もある。
成長できるいいチャンスであることもある(苦笑)。
そう思って前向きに仕事するしかないのかもしれない。