下僕(奴隷)のような扱いをされるときがある。たとえば、ビルの停電によるシステムダウンがあり、そのおかげでデータが飛んだ。(予算の関係でUPSなどを設置していない、)そんな状況でも怒られることがあり、なおかつ全部直せ、損害賠償だと怒鳴られる。八つ当たりの説教を、我慢して聞いていて、お客様にも落ち度が明らかにあるので、その点に触れようものなら、「なんだ業者の分際で」「なんだその顔は」となる。
イラスト:理不尽に怒られてるSE(システムエンジニア)- Copyright (C) viva-se.net システムエンジニアの仕事
画像: 理不尽に怒られるSE(システムエンジニア)

 そして、謝罪文を無理やり書かされ、二度とないようにします。そんなときは、すごいことを書かされる。あれもこれも全部やり、1時間以内には駆けつけて必ず復旧するとか。完全に奴隷状態である。
 「トイレはお前ら業者のためのトイレではない」「社員のための自販機でジュースを買うな」という厳しいお言葉を頂戴することもある。