SEの仕事をするうえで、トラブルが発生すれば、お客様の業務への影響を最小限にしたうえで、全力で直す。
これが、SE(システムエンジニア)が最もすべき仕事(ミッション)であり、誰も異論はないだろう。

しかしである。
トラブルがそう簡単に直らないこともよくあるのだ。
原因不明のトラブルであったりとか、影響範囲が多すぎて数日では復旧できないもの、ハードやソフトメーカのバグであって現場のSE(システムエンジニア)では対応できないものなど、いろいろある。
そんなとき、SEはどうふるまえばいいのか。何をすべきなのか。どうしたらお客様に納得してもらえるのか。

そんなアンケートを採ってみたいと考えている。
あるSE(システムエンジニア)は、こんなことを言っていた。
「飯を食べず、データセンターで一晩を明かし、がんばっていることをアピールする」

正解ではないが、そういう姿勢も大事なのかもしれない。