SE100人に聞いたシステムエンジニアの仕事 - 仕事内容とその魅力

SE(システムエンジニア)100人に聞いたアンケート結果を中心に、SEの仕事内容の実態やSE"あるある"話を紹介します。

カテゴリ:3.SEコラム > 3.1 SEという仕事

【寄稿者】見城コボル
Profile:30代の男性SE。
パッケージをベースにしたシステム導入に携わる。チームプレーをモットーに全力を尽くしている。

SE(システムエンジニア)は自社だけで仕事をするのではなく、他の会社と共同で作業することがよくあります。
色々な会社の人と触れ合うのは新鮮で、いい刺激を受けます。意気投合して飲みに行くことも多いものです。

そんなときに話題になることの1つとして、プログラムのテストの方法があげられます。
「以前の現場はテスター(テスト専門に行う人)をつけて、簡易な機能の修正でも1週間かけてたよ」
というガチガチの管理体制でのテストの話や
「お客に言われた機能ができるかだけを軽く動かして確認し、本番でお客に動かしてもらい、バグがあったらまた直せばいいんだよ」
というあきれるくらい無防備なテストの話もあります。
現場によってやり方は様々なんだと驚かされるものです。

中でも、単体テストの方法が、際立って違います。
単体テストは、IT用語辞典 e-Wordsで以下のように書かれているように、
http://e-words.jp/w/%E5%8D%98%E4%BD%93%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88.html
「仕様書で要求された機能や性能を満たしているかどうかをテストする」
ことが目的です。

加えて、当たり前のことですが、「バグを無くす」ことです。

単体テストでは、大きく以下の3点にで違いがありました。
.┘咼妊鵐垢鮖弔垢否か
 ※エビデンス……プログラムを動かした画面の動作や印刷物などの出力結果をテストした証拠として保存したもの。
退行テスト(デグレードテスト)をどこまで行うか。
 ※退行テスト……プログラムのバグを修正したことにより、他の機能にバグを引き起こしていないかを確認するテスト。
J数人でのテストを実施するか。
 
 予算のある大企業がマネジメントする現場では、以下の傾向がありました。
.┘咼妊鵐垢魯謄好肇院璽絞、全て作成して残す。
▲丱阿僚だ飢媾蠅離謄好箸世韻任覆、影響を与えそうな機能や標準的な機能の再テストも行う。
J数人での確認を行う。

一方、予算のない現場では、以下のようにほぼ真逆の傾向になります。
.┘咼妊鵐垢鮖弔気覆ぁテストしたケースのリストも残さない場合もある。
∈鄒したPGに任せるため、行わないことが多い。
作成したPGの確認のみとする。

「機能や性能を満たしているか」という観点では、どの現場でもテストをしています。
満たしていないとお客様がすぐに分かります。さすがにそれを満たさずには納品できません。

しかし、「バグを無くす」という観点でのテストは、現場によって価値観が異なります。バグというのは、納入時にはお客様が気が付かない場合が多いからです。
完璧なシステムを作るのが理想です。しかし、この仕事をして分かるのは「バグは完全になくすのは難しい」という現実です。
プログラムの開発には、与えられた予算と納期があります。
現場の状況により、「バグを無くす」という顧客の要求とは関わらない観点でのテストは、軽視される場合もあるようです。お客様が気が付かないならいいだろうという単純な発想です。万が一お客様が気が付いたら、誤れば済むだろうという考えもあるのでしょう。

でも、そういういい加減なことをしていれば、お客様空の信頼を失います。

ただ、このあたりは会社としての方針であったり、SEとしての価値観にも影響されます。
なので、「バグを無くす」という目的のテストに関しては、冒頭で書いたようにやり方が180度違うものになり、私からすると驚きを感じるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【寄稿者】見城コボル
Profile:30代の男性SE。
パッケージをベースにしたシステム導入に携わる。チームプレーをモットーに全力を尽くしている。

飲み会などで、全く別の業界の人と知り合った時に自分の職業を答える場合、SEの認知度が上がってきていることもあり、「SEです」と答えることが多くなってきました。

最近参加したカップリングパーティーでは少し驚くことがありました。
そのカップリングパーティーは、自分のプロフィールを書いた紙を異性と交換して話していくという仕組みになっていました。
始まる前に記入例を見ながらプロフィールを記入していたのですが、職業欄を見て書くペンの動きが止まりました。
記入例として、「職業:システムエンジニア」と書かれていたのです。
SEってメジャーな職業になったんだな、と驚いたのと同時に、相手の女性に伝わるのかな、と不安に感じました。

職業としてSE(システニア)と答えた場合、高頻度で相手から聞かれるのは、「SE(システムエンジニア)って何ですか?」
という質問です。

他に聞かれる例としては、
・徹夜が多くて休日のほとんどない仕事ですよね?
・ずっとパソコンに向かってる仕事ですよね?
・プログラム作る仕事ですよね?
といったものがあります。

SEについて詳しい人はもちろん分かってるので聞いてこないので、聞いてくる人はあまりSEについて詳しくない人なのでしょう。
厳密に答えて相手の機嫌を損ねるのも考えものですし、「そうです」と答えるのも何か嘘をついているようで釈然としません。

「毎日9時前には帰れています」「土日は納期が近くて間に合わない場合だけ出勤です」
「プログラムを作る場合もありますが、お客さんと打合せをしたり、設計作業をする時間が大半であるプロジェクトも多いです」
仲良くなった人や友達、SEの細かい仕事内容について知りたい人に対しては良い回答と思いますが、知り合った直後の人に真面目に答えて場の雰囲気を硬くするのもどうかと考えるようになりました。

そこで、こう答えるのはどうかと思いました。

「IT関係で働いています」

昔、ホリエモンなどが活躍していたこともあり、自分を良く見せたいという意味で答えていた時期もありました。
しかし、今は相手に伝わりやすいようにそう答えたいな、と思います。

カップリングパーティーの女性に聞いた話では、職場に女性が少ないせいか、システムエンジニアの参加者が多いようです。
これからはシステムエンジニアの参加者の中で印象に残るために、さらに付け加えて、
「IT(ICT)の力を使って、みなさんの仕事や生活をより良くしていく仕事です」
そう格好良く答えてみたいです。

女性が笑顔でさらに詳しく尋ねてきたら、こちらも凛々しい笑顔を浮かべ、丁寧に詳しく答えていこうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SE(システムエンジニア)の仕事は、特殊な仕事なのでしょうか。他の仕事と違うところがどこか、女性SE(システムエンジニア)100人にアンケート調査をしました。

■■-----------------------
【女性SE100人に聞きました】 
調査方法 : インターネット調査(マクロミルモニタを利用)
調査対象 : 全国20〜59歳のシステムエンジニア
調査時期 : 2015年1月
有効回答数 : 100サンプル
■■----------------------- 
 
順位項目票数 
1長時間労働でハード21■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■
2男女差なく働ける14■■■■■■■
■■■■■■■
3SEならではの性格(論理的、理屈っぽい、サバサバ)10■■■■■
■■■■■
4手に職がある9■■■■■
■■■■
5(いろいろと)たくましい6■■■
■■■
6同じ5■■■
■■

以下が、女性SE(システムエンジニア)の主な意見である。

1.長時間労働でハード 21票
・事務系の仕事と比べて、突然のトラブルも多いので、突然残業や出張になることが多い。(51歳女性)
・深夜まで仕事することがあること(27歳女性)
・プライベートな時間が少ない。(31歳女性)"
・残業や休日出勤があってハード(43歳女性)
・仕事の拘束時間が長い。家族の賛同が得られにくい(44歳女性)
・ある程度こなせるようになると一つのことに対してすべて任せられるので責任感が大きい。比例して残業をすることが多くなる。(23歳女性)

2.男女差なく働ける 14票
・仕事内容に男女差が無い反面、女性の特質(深夜が困る、生理周期が困る、婦人病が困るなど)を口にすることが許されない。(47歳女性)
・男と同じように働く。肌や体調はくずしやくい。(30歳女性)
・女性だから、と配慮されることは少なく、男性と同じ仕事内容を任されることが多い(42歳女性)
・SEとしては男女に違いはないので、他の職業の女性より責任が重かったり、ワークライフバランスでは仕事の比重が多くなると思います。(40歳女性)
・女子であることがプラスにはならない(28歳女性)
・"男性並み、もしくはそれ以上に働ける所。一人の戦力として男性同等に扱ってもらえる。(31歳女性)"

3.SEならではの性格(論理的、理屈っぽい、サバサバ) 10票
・常に物事を論理的に考えるところ(36歳女性)
・サバサバしてる(35歳女性)
・理屈っぽい(51歳女性)
・合理的に考えたり、感情的にならないなど、思考が男性寄りになりがち(41歳女性)
・理詰めで考えることが多い。また、1か0か、白黒はっきりさせるところがある。(46歳女性)
・仕事柄理屈っぽい思考回路を鍛えているので、SE以外の人との飲みの場面では思考回路を切りかえている(笑)(46歳女性)

4.手に職がある 9票
・だだの事務の人と比べれば、稼げるし長く仕事を続けられる(49歳女性)
・女性の平均年収と比べると給料がやや高めであること。専門知識を持っていること(同業男性との差は少ない) 女性としては理性的であること。パソコンに詳しくなること。(29歳女性)
・技術がある。常に技術を磨くことができる環境が既に整っている。お給料も多いし、結婚しても続けられる。(46歳女性)
・雑用をしなくても構わないところ(54歳女性)

5.(いろいろと)たくましい 6票
・意外と泥臭い仕事が多い。夜間の電話対応、夜勤、ケーブル配線のために床下に潜ってホコリだらけになりながら作業。
・インフラSEであれば力作業も多い。(29歳女性)"
・男社会でやっているため気が強くなる。(27歳女性)
・忍耐力がある(34歳女性)

6.同じ 5票
・立場が違うだけで仕事の大変さは変わらないと思う(55歳女性)
・他の仕事が技術職や事務職(総合)である場合は、そんなに違いはないかと思う。他の仕事""""が事務職(一般)である場合は、大きな違いがあると思う。残業がほぼ必ずあること。(32歳女性)

その他
・女性で群れない(36歳女性)
・周りに男性が多い(28歳女性)
男性社会の中で、男性のノリについていけない女性SE(システムエンジニア)- Copyright (C) viva-se.net システムエンジニアの仕事
画像: 男性社会の中で、男性のノリについていけない女性SE(システムエンジニア)

・結婚する年齢が平均的に遅い(33歳女性)
・同じディスクワークの人と比べると、頭脳が必要。(51歳女性)
・あまりおしゃれができない(34歳女性)
・PCを相手にしていることが多いので、人とのコミュニケーション能力が低くなってくる気がする(35歳女性)

このエントリーをはてなブックマークに追加

某メーカのSEさん(とても優秀な方)とお話をしていて、「技術をお金に変えるのが一番難しいと思う」という言葉に共感しました。
日本のSEの技術はとても高いと思う。でも、それに支払われる対価というのは、必ずしも技術に見合ったものとは限らない。
また、技術だけではお金はもらえない。お客様に利点が必要なのだ。
デルの新製品「オリンピック」(1989年)での失敗について、「ビジネスを変えた7人の知恵者」(角川書店)には、「オリンピックは技術面では非常に画期的だったが、顧客はそのような複雑かつ過剰なマシンパワーをそなえた製品を必要としていなかったのである」と書かれてある。技術を駆使すればお客様が買ってくれるというわけでもない。ビジネスは難しい。
ビジネスを変えた7人の知恵者
ジェフリー・A. クレイムズ
角川書店
2003-12

※この本、めちゃくちゃ面白かった。
デル、IBM、INTEL、Microsoftについて書かれてある。
SEの仕事は技術を高めて初めて価値がある。ただ、それだけでは、技術を使って何かを提供できるというスタートラインに立っただけである。お金に変えるのは本当に難しいと思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ではシステムに関する技術者のことを広くシステムエンジニア(SE:System Engineer)という。昔はPGとSEは明確に分けられていたが、今ではそれほど厳密ではない。

海外(特にアメリカ)でもSystem Engineerという言葉はあるが、日本の場合とは少し違う。参考だが、先日、ゼログラビティの映画を見ていて、エンドロールにSystems Engineerとしてメンバーが紹介されていた。どの役割を指しているのだろうか、気になった。
ゼロ・グラビティ 3D & 2D ブルーレイセット(初回限定生産)2枚組 [Blu-ray]
サンドラ・ブロック
ワーナー・ホーム・ビデオ
2014-04-23


海外では、日本でいうSEのことを、広く「エンジニア」と言うようだ。例えば、Software Engineer、Hardware Engineer、Quality Assurance (品質保証)Engineers、Database Engineerといった感じだ。 それ以外には、Developer(開発者)、Programmer、Technicianなどの職種というか、呼び方もあるようす。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SE(システムエンジニア)という生き物は、時代に左右されず普遍かと思っていた。しかし、時代とともに変わるなと感じた。
それはゆとり世代だからだろうか…
”茶髪” ”きゃしゃ” ”要領”
部署にいる新入社員を、キーワードでいうとこんな感じ。
「茶髪」は、いまどき当たり前かな。
「きゃしゃ」は、体育会よりはサークルでキャンパスライフをenjoyした感じ。
「要領」は、情報化社会の恩恵を受け、情報収集を活発にして要領よくこなすタイプ。賢い。優秀な社員になると思う。
食堂では生野菜をすべて残す。私がつぶやく「やっぱり現代っ子だなぁ」
「でも、ちゃんと野菜ジュースで補給してますから」
いやいや、それが”現代っ子”だよ。
ネットで適当にコピペして資料を作る若手SE(システムエンジニア)- Copyright (C) viva-se.net システムエンジニアの仕事
画像: ネットで適当にコピペして資料を作る若手SE(システムエンジニア)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「目で見ずに指で感じる」仕事

整体師ではない。相手は人間ではなくキーボードだ。いわゆるブラインドタッチだ。そう、私の仕事はSE(System Engineer)なのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性SE(システムエンジニア)の成子
SE(システムエンジニア)をやっていると、たまに顧客対応に疲れませんか?
常にお客様に怒られ、厳しい要求を受ける。
自分がお客様(発注側)になりたいと、よく思います。
SE(システムエンジニア)の立場として、「ユーザ企業」と「ベンダ企業」という分類がある。ITのイベントに行くと、このように聞かれたりする。
ユーザとは、企業のIT部門に所属し、IT投資をするいわゆるユーザ(使う人)。
ベンダはITを提供する側である。
大きな違いは、お金を支払うほうが、お金をいただくほうか。前者は客になる。

私はベンダ企業にしかいたことがないので、ユーザ部門にあこがれる。当然、怒られることは少ないだろう。ベンダ企業の皆で飲んだ時に、「ユーザ企業はいいな」という話で盛り上がった。
とはいえ、ユーザ企業であっても、利用者がお客様になるため、板ばさみにあったり、いろいろと苦労があるようだ。
はたして、どっちがいいのだろうか。
どちらもITをつかって社会に貢献するという部分は同じなのだが。
ユーザ企業にあこがれるSE(システムエンジニア)- Copyright (C) viva-se.net システムエンジニアの仕事
画像: ユーザ企業にあこがれるSE(システムエンジニア)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハインリッヒの法則によると、1つのミスには29、300の予兆というかヒヤリハットがあるという。

さて、SE(システムエンジニア)の仕事では、小さなミスが大きなトラブルになることもある。例えば、運用中のシステムに、一つ設定を入れ間違えただけでもシステム停止する。
ほんの少しのミスが、大きな惨事につながるのは怖いことである。であるから、ミスを防ぐために、ミスに厳しい人もいる。プロ野球においては、TVやメディアを通じて感じるのは「ミスに対しての厳しさ」である。その厳しさに萎縮することなくプレーする選手はさすがにプロだなと思う。

そんな仕事におけるミスであるが、ミスには大きく2つある。
一つは、きちんとした準備や手順なしに起きたなるべくしてなったミス。
もう一つは、丁寧な仕事でも起きてしまうミスである。

前者は厳しく罰せられるべきであろうが、後者に関してはミスは許されないのだが、上司の理解もほしいものである。元日本ハム監督の梨田氏は「ミスが出ても『これも野球』」と言われたそう(H23.10.31朝日新聞朝刊)だ。
頭ごなしに怒られるより、広い心で受け止めてもらった方が、部下はやる気を出すのではないか。
ミスに対する上司の対応に感激するSE(システムエンジニア)- Copyright (C) viva-se.net システムエンジニアの仕事
画像: ミスに対する上司の対応に感激するSE(システムエンジニア)

人がするからミスはなくならない。ミスがあるから仕事のあり方を考え直したり、落ちこんだり、怒られたり、仲間に助けてもらったり、成長のきっかけになったりするのではないかとも思う。そのことを表す言葉として、元楽天野村監督は「失敗と書いて成長と読む」と述べられ、ユニクロの柳井氏は「一勝九敗」という著書があり、本田宗一郎氏は「99%の失敗に支えられた〜」と述べられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

台形の公式を説明する方法は10以上ある。小学校の先生は一通りのやり方のみを教えるのではなく、必ず複数の方法を教えてくれる。単にテストで点数をとるだけなら公式を「覚える」だけでよい。小学校では「考える大切さ」を教えているのだろうし、同時に「考える楽しさ」も教えているのだろう。
SEの仕事も答えは一つではない。これはSEに限ったことではないが、私はSEの仕事の大きな魅力の一つだと考えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

このページのトップヘ