SE100人に聞いたシステムエンジニアの仕事 - 仕事内容とその魅力

SE(システムエンジニア)100人に聞いたアンケート結果を中心に、SEの仕事内容の実態やSE"あるある"話を紹介します。

カテゴリ:1.SEアンケート > 1.4 何かおかしいSEの仕事

顧客企業と受託企業との力関係は、何かおかしくないか・・・
女性SE(システムエンジニア)の成子

たしかに、
お客様という立場であっても
契約外のことまで押し付けるのはおかしいですね。
「システム障害はなぜ二度起きたか」(日経BP社)には「『動かないコンピュータ』撲滅のための十ヶ条その三」として「システム開発会社を下請け扱いしたり、開発費をむやみに値切ったりしない」というタイトルがある。
「二十一世紀に入っても、システム開発会社を対等なパートナー企業とは見なさず、『命令は何でも聞く出入り業者』と錯覚している企業が存在する」「システム開発会社の間で、『あの企業と仕事をするといつもトラブルが起きる。敬遠したほうがいい』という評判がたったりしたら、その企業の未来はないと言わざるを得ない」とも述べられている。

この言葉は、もっと多くの人に広く発信してほしいと思う。

契約以上のことをすると利益供与になるし、受託企業は費用を持ち出しでせざるを得ない。
両社の信頼関係が崩れ、結果的に顧客企業にとってもメリットはないと思う。

実際には、簡単に解決する話では無いのであるが…

このエントリーをはてなブックマークに追加

64449fb0.jpg女性SE(システムエンジニア)の成子 
昨日はトラブル対応で帰れなかった
しかも直らなかった
ちなみに、その場合の残業代は全てつくのだろうか?

会社にもよると思うが、労働基準法でいうと、全てつける必要がある。
女性SE(システムエンジニア)の成子  
遅くまで対応して直せなかった私には残業代がつく。できるSEはトラブルもあっという間に直し、残業代はつかない。なんか申し訳ない気がする。それと『遅くまでお疲れ様。がんばっているね』と声をかけてくれる人がいる。逆につらい。
そういう意識で仕事をしているのは偉いと思う。会社からするとムダな残業代は払いたくないはず。でも、法的には時間で賃金を払う仕組みになっているから、仕方がないのかもしれない。
何が正解か、よくわからない。

まとめにはなっていないが、大ベストセラー 松下幸之助さんの「道をひらく」に次の言葉がある。
「額に汗することを称えるのもいいが、額に汗のない涼しい姿も称えるべきであろう。怠けろと言うのではない。楽をする工夫をしろというのである。楽々働いて、なお素晴らしい成果があげられる働き方を、お互いにもっと工夫したいというのである。そこから社会の繁栄も生まれてくるであろう。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

このページのトップヘ